9/10(火) Right to Write (書く権利) 後藤哲也・ダンカン ブラザトン[個人会員]

後藤哲也会員とダンカン ブラザトン会員からトークイベント開催のお知らせです。

「ATypI東京」のゲストとして来日するオランダのタイプファウンダリー「Underware」の大阪でのトークが決定しました。
9/10日(火)18:00から江之子島(阿波座)のFLAG studioで開催します。
Underwareは、タイプデザインはもちろん、バリアブル(可変)フォントの開発など新しい実験を行っています。
新しい時代のタイポグラフィに関心のある方は、ぜひお越しください。

■トークイベント詳細
「人間に手があって書く。手を使って機械も作るからその機械を書いて欲しい。
今まで書く機械が夢でしか現れてなくて。
バリアブルフォント(Variable = 柔軟なデザインを可能にする)の最近できたサポートでは人間ほど(もしく人間より)綺麗に書ける機械を使用してタイプフェース作ることがやっと可能になる時代。
ダイナミック文字を書くことの観念へ新時代ようこそ。
「grammatography」(grammar = 文法、tography = 写像)へようこそ。」

“Since humans have hands, we use them for writing. And since we use our hands to build machines, we want those machines to write too. However, until now, the truly writing machine stayed a dream. But with the support of the recently introduced Variable Fonts, it is finally possible to build a typeface with which the machine can write as beautiful as we do; perhaps even more handsome. Welcome to the new notion of writing. The writing with dynamic letters. Welcome to grammatography.”

日時:2019年9月10日(火)18:00-19:30
スピーカー:
Underware/Bas Jacobs, Akiem Helmling, Sami Kortemäki
入場料:無料
会場:フラッグスタジオ
〒550-0006
大阪市西区江之子島2-1-37
阿波座ライズタワーズ フラッグ46 1階
協力:
DECOBOCO・
日本タイポグラフィ協会(西部研究会位委員会)

詳しくは下記のURLをご覧ください!
詳細URL:https://enokojima.info/

Recommend
No articles